油脂の処分のしかた | あさぎ堂

買取事例・スタッフ通信

油脂の処分のしかた

Last Updated on by あさぎスタッフ

油脂は下水に流してはいけません。

1)油脂を処分するときは、紙や布に吸わせて燃えるゴミで処分する

2)油脂を固める素材があるのでそれを利用する(いったん加熱して粉末を溶かす必要があるのでやや手がかかる)

3)石けんにする♪

 

↓↓↓

 

これだけみると何のことだかわかりませんが・・・

自宅にオリーブオイルとアルガンオイルがあって、もう食用で使わないので、石けんにしました。

苛性ソーダと水でアルカリ水を作り、すこし温めた油脂にアルカリ水を注いでよく攪拌してできあがり。

私はさらに米ぬかと精油とドライのパセリをいれました。とろとろの溶液になるので牛乳パックにいれて固めて、

取り出してカットし、1か月ほど熟成させてできあがりです。

一般家庭では、油は使う分量だけ必要なオイルのみをストックせずにおいておくのがいいですね。

消費期限が決まっているので長くおくことはお勧めできません。

***

あさぎ堂では消費期限切れたオイルの買取はできませんが、処分についての相談はいつでも承ります。

(もちろん油以外にも。。。)

ご自宅やオフィスなどのことで処分などちょっとしたことでもお気軽にご相談ください。

問い合わせ先

03-4500-9978

あさぎ堂 高橋まで

 

関連記事

コメントは利用できません。

買取・取扱品目

  • 絵画
  • 骨董品・蒐集品
  • 茶道具・煎茶道具
  • 西洋美術
  • アンティーク
  • 香水瓶
  • 中国美術
  • 掛軸、書
  • 唐木家具
  • スカンジナビアデザイン
  • 和楽器
  • 和装、着物
  • 帯締
  • 文房四宝
  • 市松人形
  • 軍隊物
  • 工芸品
  • 武具
  • 古書・資料
  • 書画
  • 仏教美術
  • 古酒時計
  • ジュエリー
  • 各種ブランド品
  • 他美術品
  • 音響、楽器
  • コレクターアイテム
  • 現代アート
  • ギフト、贈答品
  • 他、家具、家電などもご相談ください

遺品整理に伴う遺品の売却

遺品整理に関してのアドバイス、遺品の売却方法のご相談など承っております。 すべて処分するのではなく売却して、その他残された物の処分についてご相談させていただきます。後世に品物や美術品を残すためにご協力お願いいたします。

問い合わせ窓口:0120-204-178

生前整理

価値あるお荷物などを分別整理いたします。断捨離、生前整理、終活などの整理の際はご相談ください。最適な処分、買取、売却方法をご提案しております。

美術品売却代行

お見積り、査定などをさせていただき、依頼者にかわり弊社で販売、売却のお手伝いをさせていただきます。作家や美術品などの売却代行をうけたまわっております。

版画買取強化中

最近のお知らせ

売却・買取のできる桐たんすについて

桐たんす(和家具)の買取についてをご確認ください。
・買取のできるものできないものなど
・お問い合わせの電話番号など

ページ上部へ戻る