古い市松人形 | あさぎ堂

古い市松人形

右手を顔の横まで振り上げ、左手は胸の前に掲げ、両足を軽く折り曲げて踊りのしぐさをしている女児の市松人形です。かわいらしい顔としぐさがなんとも愛くるしいです。着物もかわいらしく、よくできたお人形です。
作家名、制作年は不明ですが、前オーナー様が浅草の作家さんに依頼し、特別に制作してもらったそうです。
這い這いをしている赤ちゃんの市松人形はありますが、踊りのポーズをしている市松人形は珍しいのではないでしょうか。


市松人形(いちまつにんぎょう)


東人形、京人形とも言われ、京阪では、「いちまさん」とも呼ばれます。北陸方面では「三吉」、他地方では「じんじょこ」「ねんね」「でく」など様々な呼び方があります。
子どもを模っており、女児の人形はおかっぱ頭に振袖姿、男児の頭髪は絵筆で描かれ、羽織袴姿です。
着せ替え人形の一種で、着物は持ち主が作ることからかわいがって遊ぶ玩具としてだけではなく、お裁縫の練習用としても利用価値がありました。
日本の人形は、平安時代の京都にて新生児の健康を願い、枕元に置いた天児や這子が元となっているのではないかと言われています。
大人の女性を模し、美しい着物を着た人形は衣裳人形と呼ばれます。人形が災厄を身代わりしてくれるとされ、江戸時代、衣裳人形は武家の子女が花嫁となる際の嫁入り道具として贈られる習わしがありました。

このように日本の人形には、わが子の健やかな成長を願う親や家族の温かい愛情がこもっています。このような素晴らしい文化は長く大切に受け継がれていってほしいものです。


あさぎ堂では、市松人形や衣裳人形をはじめとする日本人形を買取しています。
ご不用な人形がございましたら、0120-204-178へご連絡ください。
別の方にお譲りいたしますので、引き続きかわいがってもらえ人形も喜ぶのではないでしょうか。
処分してしまったらそれでおしまいです。古くから続く日本の文化を後世へと受け継いでいく役目をあさぎ堂に負わせてください。

また、日本人形だけではなく、西洋のアンティークドールも扱っています。
その他、骨董・アンティーク品、国内外の美術工芸品も買取しております。
様々なお品に対応することが可能です。
遺品整理や不動産整理時の売却予定品などがございましたら、あわせてご相談ください。

関連商品

  1. オパールガラス

    オパールガラス独特の色合いがかわいらしいレトロなランプシェードです。

  2. 陸軍 将官用指揮刀

    旧日本軍時代の指揮刀です。将官用のサーベルだと思われます。

  3. 象牙の扇

    象牙でできた透かし彫りの扇です。美しく品の良い扇子です。

  4. エリーブルー ヒュミドール

    フランスの最高級シガレットケースメーカーのヒュミドールです。杢目を活かした光沢のある美しいケースです。

  5. 岩本薫和本因坊の碁石

    「原爆下の対局」で知られる本因坊薫和揮毫の碁石です。箱の裏に箱書きがあり、署名と落款があります。

  6. 菅沼源太郎

    菅沼源太郎が1928年に制作したヴァイオリンです。一目見て見事な作品であることが分かる優美なヴァイオリンです。

買取・取扱品目

  • 絵画
  • 骨董品・蒐集品
  • 茶道具・煎茶道具
  • 西洋美術
  • アンティーク
  • 香水瓶
  • 中国美術
  • 掛軸、書
  • 唐木家具
  • スカンジナビアデザイン
  • 和楽器
  • 和装、着物
  • 帯締
  • 文房四宝
  • 市松人形
  • 軍隊物
  • 工芸品
  • 武具
  • 古書・資料
  • 書画
  • 仏教美術
  • 古酒時計
  • ジュエリー
  • 各種ブランド品
  • 他美術品
  • 音響、楽器
  • コレクターアイテム
  • 現代アート
  • ギフト、贈答品
  • 他、家具、家電などもご相談ください

遺品整理に伴う遺品の売却

遺品整理に関してのアドバイス、遺品の売却方法のご相談など承っております。 すべて処分するのではなく売却して、その他残された物の処分についてご相談させていただきます。後世に品物や美術品を残すためにご協力お願いいたします。

問い合わせ窓口:0120-204-178

生前整理

価値あるお荷物などを分別整理いたします。断捨離、生前整理、終活などの整理の際はご相談ください。最適な処分、買取、売却方法をご提案しております。

美術品売却代行

お見積り、査定などをさせていただき、依頼者にかわり弊社で販売、売却のお手伝いをさせていただきます。作家や美術品などの売却代行をうけたまわっております。

版画買取強化中

最近のお知らせ

売却・買取のできる桐たんすについて

桐たんす(和家具)の買取についてをご確認ください。
・買取のできるものできないものなど
・お問い合わせの電話番号など

ページ上部へ戻る