龍子作 珊瑚の帯留め | あさぎ堂

龍子作 珊瑚の帯留め

龍子作の珊瑚の帯留めです。桃色珊瑚である本珊瑚に菊が彫られています。繊細で美しい帯留めです。


珊瑚(さんご)


古来から宝石として珍重されてきた珊瑚。実際には石ではなく、海中に生息するサンゴ虫という動物が緻密で固い骨格を成長させたもの。
赤い色をしていることから、ギリシャ神話では、ペルセウスがメドゥーサの首をはねて退治した際、メドゥーサの首から飛び散った血がペガサスに、地中海に滴り落ちた血が珊瑚になったと言われています。

採取できる地域によって色合いは異なり、また色の好みもことなります。
まさに血の色のような真っ赤な(赤黒い)珊瑚は血赤と呼ばれ、日本近海、土佐湾で採取されます。赤ければ赤いほど価値があるとされています。日本や中国などでは、この血赤珊瑚を好んでいます。
サルジ、または故渡りと呼ばれる地中海珊瑚は、イタリア、フランス、スペインなどの地中海沿岸で採取されます。血赤珊瑚に似ていますが、材質は柔らかめでフが入りにくいのが特徴です。
白っぽい桃色からオレンジ色、赤い色まで幅広い色調を持つ珊瑚は、桃色珊瑚と呼ばれます。彫刻に適しており、アクセサリーとしてだけではなく、像を彫るためにも使用されました。白っぽいピンク色は、エンジェルスキンと呼ばれ欧米で珍重されています。こちらも日本近海の広域で採取されます。
その他、白珊瑚もあります。東シナ海から日本近海までの範囲で採取されます。象牙色に近いものが高級品とされています。

このように品質の高い珊瑚は日本で獲れるため、珊瑚と言えば日本と言われています。珊瑚漁が本格化したのは、明治時代以降とされています。それ以前は、地中海などで獲れたものがシルクロードを通り、日本に輸入されていました。当然ながら貴重であったため、貴族や大名などの身分が高い人のみが手にできるものでした。
ヨーロッパなど海外でも珊瑚は貴重品とされていました。明治時代頃、日本でも採取できると分かり、これまでとは逆に海外へ珊瑚を輸出するようになりました。


珊瑚の帯留め、アクセサリーなどを手放すことをお考えでしたら、あさぎ堂へご相談ください。
適正価格にて買取させて頂きます。
その他の宝石類もございましたら、そちらも査定可能ですので、ぜひご検討ください。

関連商品

  1. エリーブルー ヒュミドール

    フランスの最高級シガレットケースメーカーのヒュミドールです。杢目を活かした光沢のある美しいケースです。

  2. 雛人形(骨董)

    古い雛人形です。顔にやや傷みがありますが、骨董ならではの味わいのあるお雛様です。

  3. 銀座タカゲン

    老舗のステッキ専門店銀座タカゲンの純銀製ステッキです。犬の頭部を模した変わり手元がオシャレです。

  4. 岩本薫和本因坊の碁石

    「原爆下の対局」で知られる本因坊薫和揮毫の碁石です。箱の裏に箱書きがあり、署名と落款があります。

  5. 濱田庄司(人間国宝)

    無形文化財保持者・濱田庄司の鉄絵茶碗です。素朴な中に美しさを感じる作品です。

  6. 象牙の扇

    象牙でできた透かし彫りの扇です。美しく品の良い扇子です。

買取・取扱品目

  • 絵画
  • 骨董品・蒐集品
  • 茶道具・煎茶道具
  • 西洋美術
  • アンティーク
  • 香水瓶
  • 中国美術
  • 掛軸、書
  • 唐木家具
  • スカンジナビアデザイン
  • 和楽器
  • 和装、着物
  • 帯締
  • 文房四宝
  • 市松人形
  • 軍隊物
  • 工芸品
  • 武具
  • 古書・資料
  • 書画
  • 仏教美術
  • 古酒時計
  • ジュエリー
  • 各種ブランド品
  • 他美術品
  • 音響、楽器
  • コレクターアイテム
  • 現代アート
  • ギフト、贈答品
  • 他、家具、家電などもご相談ください

遺品整理に伴う遺品の売却

遺品整理に関してのアドバイス、遺品の売却方法のご相談など承っております。 すべて処分するのではなく売却して、その他残された物の処分についてご相談させていただきます。後世に品物や美術品を残すためにご協力お願いいたします。

問い合わせ窓口:0120-204-178

生前整理

価値あるお荷物などを分別整理いたします。断捨離、生前整理、終活などの整理の際はご相談ください。最適な処分、買取、売却方法をご提案しております。

美術品売却代行

お見積り、査定などをさせていただき、依頼者にかわり弊社で販売、売却のお手伝いをさせていただきます。作家や美術品などの売却代行をうけたまわっております。

版画買取強化中

最近のお知らせ

売却・買取のできる桐たんすについて

桐たんす(和家具)の買取についてをご確認ください。
・買取のできるものできないものなど
・お問い合わせの電話番号など

ページ上部へ戻る