絨毯考2 | あさぎ堂

買取事例・スタッフ通信

絨毯考2

Last Updated on by あさぎスタッフ

「だいたいね!イラン人は細かすぎんだよね!仕事が!」っていっていたのは、自分はアーリア人だというイラン人のS氏。

たしかに細かい。この絨毯の仕事は本当にすごいと思う。絨毯のお仕事は若い人にしかできない。私はすでに老眼が進んで目がしょぼしょぼ。。。

イラン人のお宅にはどこにいっても立派な絨毯が敷き詰められていて、絨毯は文化であり富の象徴でもあり、なんだかよくわかんないけど、我々日本人には計り知れないロマンがあるみたい。ここにもいます。一方的に思いをよせて絨毯好きな男、あさぎ堂高橋。アーリア人だというイラン人のS氏は絨毯はウールがいいといいます。たしかにウールはしっかりしていて頑丈です。シルクのような光沢や繊細さはないけど私もどっちかというとウールが好き。

そしてこのデザインのすばらしいこと。これは見る人が見るとデザインから、産地がわかるそうです。

私がすっかり感心してしまったことは・・・早朝、テヘランをでて、大移動して、カシャーンというところにいったときですが、途中、ドライブインみたいなところで朝ごはんにしましょう、となり、アーリア人でイラン人のS氏が取り出してきたのはもちろん絨毯! ピクニック仕様?!の絨毯ですそれを、地べたにひいちゃうんです。ええーこれ地べたにひくアイデアは日本人にはなかったなーと思いましたが、とても素敵です。

そこでナンラバーシュという薄いパンを食べたり、すいかを食べたりしました。

そして紅茶をいただきます。イランでは紅茶メイン、そのなかにサフランのはいったお砂糖をいれていただきます。これがおいしいことおいしいこと。コーヒーはほとんど見かけませんでした。チャイ文化圏ですね。またイランにいくチャンスがあれば、こんどは子供もぜひ連れてきたいです。子供にやさしい国で、イランはそこらかしこにたくさん子供がいました。

もう一度イランにいくチャンスがあったら買いたいもの。

1 茶器 これがなかなか見つけられないのだけど、イランでは最初に紅茶を濃い目にいれて、あとからお湯で割って飲んでいました。その専用のお茶をいれるポットがあるのですが、(煮詰めるような)それを買ってこなかったことをいまだに悔やんでいるので(長い悔やみだな・・・)今度はわすれずに買ってきたい。

2 すいか専用ナイフ これまた。本当にすばらしい角度調整がされている小型サーベルナイフみたいなもの。すいか専用なのかわからないけど、すいかをカットするのにこんなにぴったりとあうナイフを日本でみたことがありません。

3 サフランのお砂糖 

あれ。絨毯のことをかいてたのにずれてしまった。

とにかく、絨毯業界も大変なんだよいろいろ、ときいたのは10年も前の話。

いま10年後の絨毯はペルシャにいってみないとわからない。(M)

***

イランの茶器やらなにやらありましたら、買取いたします。絨毯も拝見させてください。

ご自宅やオフィスなどのことで処分などちょっとしたことでもお気軽にご相談ください。

問い合わせ先

0120-204-178

あさぎ堂 高橋まで

 

関連記事

コメントは利用できません。

買取・取扱品目

  • 絵画
  • 骨董品・蒐集品
  • 茶道具・煎茶道具
  • 西洋美術
  • アンティーク
  • 香水瓶
  • 中国美術
  • 掛軸、書
  • 唐木家具
  • スカンジナビアデザイン
  • 和楽器
  • 和装、着物
  • 帯締
  • 文房四宝
  • 市松人形
  • 軍隊物
  • 工芸品
  • 武具
  • 古書・資料
  • 書画
  • 仏教美術
  • 古酒時計
  • ジュエリー
  • 各種ブランド品
  • 他美術品
  • 音響、楽器
  • コレクターアイテム
  • 現代アート
  • ギフト、贈答品
  • 他、家具、家電などもご相談ください

遺品整理に伴う遺品の売却

遺品整理に関してのアドバイス、遺品の売却方法のご相談など承っております。 すべて処分するのではなく売却して、その他残された物の処分についてご相談させていただきます。後世に品物や美術品を残すためにご協力お願いいたします。

問い合わせ窓口:0120-204-178

生前整理

価値あるお荷物などを分別整理いたします。断捨離、生前整理、終活などの整理の際はご相談ください。最適な処分、買取、売却方法をご提案しております。

美術品売却代行

お見積り、査定などをさせていただき、依頼者にかわり弊社で販売、売却のお手伝いをさせていただきます。作家や美術品などの売却代行をうけたまわっております。

版画買取強化中

最近のお知らせ

売却・買取のできる桐たんすについて

桐たんす(和家具)の買取についてをご確認ください。
・買取のできるものできないものなど
・お問い合わせの電話番号など

ページ上部へ戻る